読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”さいますみ/崔真淑”のオイコノミクス

Good ・ News and Companiesの”マクロエコノミスト崔 真淑 / さいますみ”です!資本市場、そして経済学の社会的意義を伝えるのが使命です!身近な話から資本市場の最先端の話まで皆様と一緒に考えていきます!ご連絡先はこちら→info@goodnews.jp.net

1分でわかる!「もしも、中国理財商品がデフォルトしたら何がおこる?」

みんさまこんばんはGood News and Companiesの崔真淑/さいますみです。

資本市場ではが新興国を中心にリスク回避(株価/通貨の下落等)の動きが見られています。この背景には、南米の流動性危機と、1月31日に中国理財商品(シャドウバンキング)のデフォルトするんではないかという話が影響しています。今回はその解説を!

この話は1月21日ラジオNIKKEI「マーケットプレス」の中で解説したものをスライドに起こした物です!

 

1分でわかるので、こちらのスライドをどうぞ見てみてください!

http://www.slideshare.net/saimasumi/ss-30449781

 

要点は、

①そもそも中国経済は安定成長を望んでいる

②その象徴的な中央政府の動きについて

③国際比較した場合のシャドーバンキングの対GDP比率

④理財商品がデフォルトした場合の人民銀行のストレステスト

⑤今後は新エネルギー関連でのデフォルトが相次ぐだろう

⑥今後のマーケットの焦点は、モラルハザードが起こっている中国シャドーバンキング市場で、政府が本当に保障をしてくれるか!

以上をグラフを用いて書きました!

どうぞごらんくださいませ!

 

今日もブログに訪れて頂き有難うございます!

いつも応援ありがとうございます!

さいますみ/崔真淑